交通事故 飛び出し 示談

歩行者の飛び出し事故

小学生の時にトラックにぶつかり交通事故にありました。

 

私が自転車で路地から飛び出したとこ、一般道を走行中のトラック(2t程度の小さなタイプでしたが)と衝突。

 

私は吹き飛ばされ救急車で運ばれました。

 

自動車保険を使わないで示談|交通事故の体験談

 

損傷としては、私は全身に軽い打撲を受けましたがこちらはトラックのスピードも遅かったので大したものではありませんした。

 

ただ沿道の岩かなにかに右手をかすり大きな切り傷ができ、これは早急に手術をおこないました。

 

トラック側には損傷は全くありませんでした。

 

過失割合としては、私がほぼ左右を確認せず飛び出したので9割がた私の責任です。
ただ実際の過失具合としては私3:相手7くらいになった記憶があります。

 

私に過失があったのは明確でしたので、両親も勿論私も申し訳ないという姿勢、相手側も申し訳ないという姿勢で、
お互い謝るという事で示談?が成立しました。

 

 

特にこちら側から何かを求めることはしませんでしたが、病院の医療費や手術代、入院費などは相手側が負担してくれました。

 

 

後遺症としては手の表面上の傷跡だけ消えずに残りましたが、それ以外には今ではなんの後遺症もありません。

 

傷については、ひと段落してから、見えなくなる様な再手術を望むなら費用は負担すると相手から提案されましたが、
個人的には余り気になっていませんでしたし、自分の過失が原因だったのでそれ以上は求めませんでした。

 

 

"

等級がさがらないように任意保険は使わず

今でこそ車に乗る回数が少なくなっていますが、かつては、昼も夜も車ばかり運転していました。
そんな自分が今までで一度事故を起こしたことがあります。

 

それは、友人とのドライブのときでした。夜だったのですが、そんなに見通しが悪いと言うわけではありませんでした。
信号のある交差点で、赤信号だったので、ブレーキを踏みながらゆっくりと車線変更をしました。
すると突然、後ろから急ブレーキの音が聞こえ、その瞬間ぶつかってきました。

 

 

損傷度合いは、バンパーがへこんで中の板金まで行っていました。
ただ、真後ろから追突と言うわけではなく、少し角に当たる感じでした。

 

すぐに相手の運転手と話をして、警察を呼び、後日、保険に任せようと言うことになりました。

 

任せたら仕事中でも色んな電話が入ってきて、どんな状態だったのか、怪我はないか聞かれました。
幸い、怪我はなかったのですが、車に傷が付いたのでどうにかしたかったのです。

 

結果的にどちらが悪いってわけではない、五分五分の結果でした。
これでは保険を使うのはもったいないと考え、示談にしましたが正解でした。

 

修理費用は10万円くらいだったのですが、この金額で保険にしても後悔したと思います。
保険の使いどころは難しいかもしれません。

↓ 無料メール相談はこちら ↓

やよい共同法律事務所で交通事故の被害者救済