交通事故 弁護士 無料相談

相談は示談前が鉄則

交通事故の被害にあったけどどこに相談していいかわからない

という方は多いです。

 

特に車と歩行者、クルマと自転車のケースだと女性・年寄りの方
が被害者になるケースが多くほとんどの方が初めての交通事故で
戸惑っています。

 

交通事故の無料相談なら成功報酬の弁護士にお任せください

 

普通なら弁護士さんに相談という事なんでしょうがやはり敷居が高すぎます。
なんとなく電話しずらいとい方が大半ではないでしょうか。

 

また費用も高額で一般人には縁がないと思っている人も多いでしょう。

 

テレビドラマの影響で弁護士は正義感が強く頭の回転が速いやり手というイメージですから
どうしても自分と比較して気おくれしてしまいますね。

 

 

最近では茶髪の弁護士で有名になった橋下市長のおかげで大分身近になりましたが
企業間の法廷闘争・殺人などの刑事事件というイメージが強くなかなか交通事故とは
結びつきません。

 

交通事故の無料相談なら成功報酬の弁護士にお任せください

 

 

 

しかし交通事故の件数が増加するにつれ弁護士を利用する人はどんどん増えています。

 

そのわけは保険会社の提示する金額があまりに低く、弁護士に交渉を任せることで増額に成功したケースが
ネットで拡散されるようになり認知度が上がったからです。

 

弁護士さんによっては従来の着手金を貰ってからスタートという事務所もありますが
ここでお勧めするやよい法律事務所は一切着手金は必要ありません。

 

ではどうして儲けるのかというと保険金の増額に成功したらそのうちの何パーセントかを
報酬として支払うという成功報酬の約束になっているからです。

 

交通事故の無料相談なら成功報酬の弁護士にお任せください

 

もし増額に失敗すればあなたは一円も支払う必要がありません。
逆に言うとそれだけ自信があるから成功報酬で仕事をお受けするという事なんですね。

 

 

 

 

海外旅行で現地の土産物屋に吹っ掛けられた経験はありませんか?

 

彼らは最初から値切られる事を前提で高い値段を言ってくるわけです。
万が一言い値で購入してくれば儲けもの、半額に値切られてもしっかり利益は出るのですから
ちゃっかりしています。

 

この逆が保険会社と言っていいでしょう。

 

最初の提示した保険金でハンコを押してくれたら儲けもの、超ラッキーというところでしょうか。
わかりやすく言えば増額交渉に成ることを前提に安い値段を出してくるわけですから
簡単に示談に応じることはありません。

 

 

もちろん詐病・虚偽報告等で不当な保険金を得ることは論外ですが、被害者として
正当な損害賠償を求めることは当然の権利です。

 

 

もし相手の保険会社が提示した保険金・過失割合について納得できない場合は
メールで無料相談を受けることをおすすめします。

 

↓ 無料メール相談はこちら ↓

やよい共同法律事務所で交通事故の被害者救済

 

 

 

 

成功事例

@自転車で走行中、横断歩道付近で自動車にはねられたケース

 

 

 

 

Aバイクで走行中、側道からの自動車に接触・転倒

 

 

↓ 無料メール相談はこちら ↓

やよい共同法律事務所で交通事故の被害者救済

更新履歴